ISFとは?

ISF (Importer Security Filing)
別称:10+2

輸入者保安申告。Importer Security Filing。
新しい物流・ロジスティクス用語で、米国への貨物運搬に必要です。
米国への貨物を米国外の港で積み込む24時間前までに提出するよう、米税関国境警備局(CBP)が定めています。

正式には10+2という名称で知られています。
この10+2という数字は、この申告書で必要な基本10項目と、追加要求される2項目の数からきています。

ISFと運送会社からの追加データは、リスクの高い貨物の出荷を識別するためにCBPの能力を高めることが期待されています。
2010年1月より適用されているこのルールは、12ヶ月間のルール適用緩和期間を設けましたが、2011年からはこれもなくなります。

違反すると、貨物ごと$5,000(ISF1通に対して最大$10,000)のペナルティが貸せられます。
さらに貨物を留保されたり、検閲されたりすると発表されています。

一般的な米国向けの貨物に適用されるISF-10は、10項目の情報で構成されます。これが「10+2」の10にあたります。
このうち8項目は荷積みの24時間以上前、残り2項目は到着の24時間以上前に申請する必要があります。

さらに、船積計画を出航後48時間以内、CSM(コンテナステータスメッセージ)を作成か受け取りの24時間以内に提出する必要があります。
この2つの追加情報が、「10+2」の+2にあたります。

MIRAI クラウド・ロジスティクス・マネジメントシステムはISF対応

MIRAI クラウド・ロジスティクス・マネジメントシステムは、ISFに対応します。

米国を絡めた物流・ロジスティクスの管理システムは、経営リソース管理と現場主義を両立させる、実績のMIRAI IT SOLUTIONSにお任せください。

MIRAI クラウド・ロジスティクス・マネジメントシステムについて、くわしくはこちらのページで。