オリジナルクラウド

美頼ITソリューションズでは、パブリッククラウドシステム、プライベートクラウドシステムのどちらもお客様のご要望、状況に合わせてご提供しております。
クラウドシステムには、GmailやGoogleドキュメントのように「誰でも使える」パブリッククラウドシステムと、「関係者しか使えない」プライベートクラウドシステムがあります。共通しているのは、いつでも、どこからでも、どんなパソコンからでも使える、ということです。1つのシステムは、インターネット上にある1つのサーバーだけにインストールされて動作します。

パブリッククラウドシステム(仕組みはプライベートクラウドでも同様)

1)導入コスト、メンテナンスが安価

クラウドではサーバーのみにシステム導入するため、各拠点(本社、支社、出張先、お客様拠点、協力会社拠点など)に特別なソフトをインストールする必要がなく、各拠点の導入コストはほぼゼロです。本システムは安価なレンタルサーバーでも動作するため、最低限の年間ランニングコストは、サーバー費用と、実質的な変更作業費用のみになります。
※ただし、インターネット回線のバックアップを準備するなどの場合は別途費用がかかります。
※ユーザー追加や削除、機能修正、PDF文書修正、など。また、別途サポート窓口が必要な場合は別途。

2)場所やコンピュータを選ばない

クラウドシステムは場所やコンピュータを選びません。インターネットに接続さえできていれば、Windows, Mac, Linux, iPhone, グーグル携帯, PlayStation 3など、どんなコンピュータからでもシステムを利用できます。したがって、お客様にシステムを利用いただいたり、発注先へ確認用システムとしてアクセスしてもらったりすることも可能です。社内外の利用者に対して送付が必要なものは、ユーザーアカウントと説明書だけです。特別なソフトを送ったり、特殊なネットワークを構築したりする必要はありません。

3)他のシステムとの連携が容易(EDIなど)

クラウドシステムはインターネット上のサーバーで動作します。電子メールを送受信したり、他のWebサーバーやデータベースサーバーに容易に接続できます。このため、電子メールを使ったEDI、FTPを使ったEDI、Web通信でのXML/JSON交換、データベース直接連携など、インターネットを利用するほぼすべての接続方法に対応させることが可能です。本システムのサーバーには固定IPアドレスが割り当てられるため、他のシステムにおけるセキュリティ設定も簡単です。

4)世界全言語対応

本システムはUTF-8をフルサポートします。操作画面だけでなく、入力・検索するデータも世界全言語の共存が可能です。たとえば、在庫検索で日本語の輸出業者名、中国語の工場名、韓国語の輸送業者名を一気に指定して絞り込むことができます。

MIRAI クラウド・ロジスティクス・マネジメントシステムとは


MIRAI クラウド・ロジスティクス・マネジメントシステムは、複雑になりがちなグローバル物流における商品在庫を集中管理し、販売予測から適正発注時期と適正発注数を割り出し、企業資産を有効活用するためのロジスティクス情報管理ソフトウェアです。ここでいう商品在庫には、発注済商品、港保管商品、運送中商品、税関保管商品、倉庫在庫、発送済み商品、売り掛け商品など、企業資産となっている商品すべてを含みます。

導入のメリット

MIRAI クラウド・ロジスティクス・マネジメントシステムを導入いただくことによる貴社へのメリットのうち、代表的なものは以下の3点です。
キャッシュフローの改善(ROE改善)
オペレーションコストの削減
サプライチェーンマネジメント(SCM)実現への基盤構築
これ以外にも、連絡ミスの排除、過剰在庫による商品処分の軽減、異国間連絡の簡略化、スマートフォンからの状況確認対応など、多数のメリットが見込めます。

最新ルールISFにも対応

米国への貨物を米国外の港で積み込む24時間前までに提出するよう米税関国境警備局(CBP)が定めているISFの情報を、本システムで管理することも可能です。

詳説:ISFとは?

実績紹介

MIRAI クラウド・ロジスティクス・マネジメントシステムは、某日系一流ロジスティックス企業様へ2009年12月に納入され、現在までトラブルなく運用されています。本案件では、特定のお客様向けに日本で生産された製品を、契約する米国顧客へ配送するBtoBロジスティクスを一元管理する目的でシステムを導入されました。管理対象となる輸送経路には、2つの生産拠点、4つの港、2つの税関、4つの倉庫、200の顧客が含まれます。

お問い合わせはこちらから

お名前 (必須) 会社名
メールアドレス (必須) 電話番号

メッセージをどうぞ

captcha